関西圏(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)で活躍中の独立系FPが、顧客のために日々奮闘しながら、感じたことを綴ってまいります。姉妹サイトは http://www.sumai-okane.net/ です。


by sumai-okane
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:京都の実務派FPが駆ける!( 42 )


最近、資産運用・資産管理のご相談が増えています。f0015148_23424943.jpg
先日顧問客になられたAさんもいわゆる「団塊の世代」の方でした。

「早期退職され退職金が入ったが、お金の働かし方がわからない。」
「生命保険の医療保障も、どうしたらいいのか知りたい。」

そんなご質問を受けながら、まずは、これからの「ライフプラン」を作る事に
なりました。

長寿時代なので、90歳までお金がなくならないプランの作成が、アドバイスの
基本になるからです。

そのシナリオプランができれば、リスクの許容度がわかり資産の運用目標も
決まります。それから、その方にあった金融商品の選択に移ります。

医療保障も金融資産の状況を踏まえて検討します。

手作りのライフプランにもとづいた総合的な判断が重要となります。

これからは物価上昇・金利上昇局面に入ると思われますので、
金融資産の管理や運用が益々重要になると思われます。


~姉妹サイト「退職とお金の相談ネット」~
[PR]
by sumai-okane | 2006-07-08 23:43 | 京都の実務派FPが駆ける!
今日は、セミナーと個別相談の一日でした。f0015148_0424171.jpg

午前中のご相談は8月に住宅着工予定の方で、
住宅ローンの固定期間を何年にしたらよいかなど、
金利上昇リスクを心配されていました。
それと、生命保険の見直しです。

午後からのご相談も、
やはり住宅ローンの選定と保険の見直しでした。

最近の金利情勢も、アメリカ経済の減速懸念から、日本の株価も影響を受け、
金利の上昇スピードも、当初予想より少し、遅くなりそうな気配もある。

長期の住宅ローン金利は5月にかなり上がりました。
長期固定金利が上昇したため、変動金利や3年固定との金利差結構ある。
どの時点で、金利がどの程度上るのか。
その読みと、住宅ローンを借りる人のライフプランから見た返済可能スピードにより
金利の固定期間も判断しなければならない。

最近は、銀行が変動金利と長期固定を半分ずつ、組み合わせた住宅ローンも始めた。

グローバルな視野で、金利上昇リスクを、個人が判断し、対処しなければならない。
住宅ローンも生命保険も、自分だけで選択するのが困難である。

お二人のご相談者の方とは、
来週、ライフプラン作成のためお会いする予定です。
[PR]
by sumai-okane | 2006-06-19 00:40 | 京都の実務派FPが駆ける!
先日、高校2年生になる娘が「進路をそろそろ決めなければ。」と話をしていました。
高校では、将来の職業を先にイメージさせて、学校や学部を選ばせる様、f0015148_0203036.jpg
1年生のときから、アドバイスしているようです。

娘は、中学の時、演劇部に所属していたので、参考になるかと思いこんな話をしました。

「人生は、劇に譬えられるのや。90年ぐらいの長さで、主人公は自分。シナリオも自分で書くんや。どんな劇にしたい?」
娘は、「ふーん。わかった。」と言って立ち去りました。

業務の中で、最初に、お客様のライフプラン(生涯資金計画)をつくります。
われわれは、それを「シナリオプラン」と呼んでいます。

そのシナリオプランができたら、実行プランに移り実行援助を行います。

シナリオプランは、家族の状況や経済環境等に変化があるため、
1年ごとに見直します。

長い人生には、いろいろな事が、起こります。自分で書いたシナリオを少しずつは、
修正しながらも幸せな充実した人生の劇を、演じきっていきたいものです。
[PR]
by sumai-okane | 2006-06-02 23:17 | 京都の実務派FPが駆ける!

朝10時に顧問客のAさんが来所。
初めてお会いしてから2年半。f0015148_225522.jpg
今日は、ライフプランの見直しと投資信託の追加購入についてのご相談投資について一緒に少しずつ勉強してきたお客様である。

午後2時に顧問客のBさん宅へ。
住宅資金計画のご相談で出会って1年半。
半年前に土地が見つかり、今月、念願の自宅が完成!
今日は火災保険の選定についてのご相談。
初めて新居にお伺いして、ご家族の喜びにライフプランの
実現を少しでもサポートできた喜びを感じる。

実務家FPの最大の宝物は、顧問客様お一人お一人である。
[PR]
by sumai-okane | 2006-05-20 22:05 | 京都の実務派FPが駆ける!

大学のFP講座

今年の4月から、長男が大学に通い始めました。f0015148_1554983.jpg
アルバイトをして、自分の小遣いを稼いだり、
少しずつ、自立していく気配を感じています。

その大学の総合講座の案内にファイナンシャル・プランナー講座が
ありました。その冊子に次のように、紹介されていました。

ファイナンシャル・プランナー(FP)ってどんな仕事?

「FPは、資産運用のアドバイスをおこなう専門家です。
顧客の生活におけるさまざまな目標を達成するために、生活設計に適した効率的な
資産の運用プランをアドバイスします。
近年、次々に複雑な金融商品が生み出され、個人レベルでそれらを適切に活用することが非常に難しくなっています。また、高齢化の進展により、資産運用への関心がますます高まっています。こうした事から、ファイナンシャル・プランナーは大きな注目を集めています。」

今後、FPの社会的使命は、ますます大きくなると思われます。
近い将来、若い学生たちの中から、優秀な実務家FPが、育ってくるのでしょう。

[PR]
by sumai-okane | 2006-05-05 23:53 | 京都の実務派FPが駆ける!

結婚とライフプラン


結婚を2・3ヶ月後に控えて、相談に来られる方がおられる。
f0015148_018156.jpg
新生活をスタートさせるにあたって、賃貸でいくのか、住まいを購入するのか、などの判断のためである。

いろいろなパターンを試算して、家族関係など考慮し、総合的な判断のお手伝いを
する。
その時、判断根拠なるのが、ライフプラン(生涯生活設計)である。

これから、2人で、どんな人生を歩んでいきたいのか? そのイベントの時期と費用を明確にしていく。

夢や目標を現実にするためには、お金の裏づけが必要となる。
結婚はライフプランを考える絶好のタイミングだと思います。
[PR]
by sumai-okane | 2006-04-21 23:40 | 京都の実務派FPが駆ける!
FPの継続教育研修に、さわかみ投信の澤上篤人社長をお招きし、講演をしていただきました。
2時間の講演のうち、40分程話をされ、あとは質問会。

f0015148_0412473.jpg実際の資産運用に関して、日頃の疑問など活発に質問がでました。
飾り気がなく、率直に、本音で、答えられる社長に親近感と好感が持てた。
終了後の懇親会でも、立食で2時間、1人1人と熱く、話をしていただきました。
販売側だけが儲かる傾向の強い日本の投資信託市場に、このような投資家サイドに近いファンドの存在は、非常に大事な存在であると思います。

欧米のように何十年と投資家から支持されるファンドが、日本でも育つよう、
我々、FPも本物の投資信託を、見抜いて、顧客にアドバイスしていきたい。
[PR]
by sumai-okane | 2006-04-07 23:39 | 京都の実務派FPが駆ける!
先日、定例のFP勉強会に参加しました。
講師は、年金相談の現場を中心に活躍されている
FPで社会保険労務士の先生。f0015148_17432693.jpg

テーマは「遺族年金」と「離婚分割」でした。以前は、「年金が、いつから、いくらもらえるのか?」というような相談が多かったのが、今は55歳以上の方には見込み額を教えてくれるなど、行政サービス向上で、相談内容も変化した。
今は、他人に聞きにくい事が、相談の中心になってきている。

家族がなくなった場合、だれが遺族年金をもらえるのか?
離婚した場合、再婚した場合、内縁関係・・・年金どうなるのか?

様々なケーススタディに、人生と年金のかかわり、年金実務の複雑さ、奥深さを感じました。



~姉妹サイト「退職とお金の相談ネット」~
[PR]
by sumai-okane | 2006-03-17 17:35 | 京都の実務派FPが駆ける!
私がお会いするお客様のほとんどの方が、ついでに保険の見直しも希望される。f0015148_235290.jpg
皆さん、自分が加入している保険が、これでいいのか、よくわからないのが実情だと思います。
そこで、保険料の中味を知ると保険のしくみが少し見えてきます。
保険料は「純保険料」と「付加保険料」に分かれます。

純保険料は、1年間に何人死ぬか、どの程度で運用できるかなどで決まる。
付加保険料は、生命保険会社の運営費や儲け。
これらの保険料は、保険会社が、決めます。

通常、保険料全体に占める付加保険料の金額は、公表されませんし、
契約者にも知らされません。

付加保険料の割合が、低い方が、安い保険料で、保障が買える。
でも、保険会社は、たくさんの様々な特約を付けて、化粧をほどこしている。

私は、アドバイスするとき、化粧を、はがし、シンプルな状態で、比較して
必要最小限の保障を提案する事にしている。
[PR]
by sumai-okane | 2006-03-03 23:00 | 京都の実務派FPが駆ける!
銀行にとって、住宅ローンは、貸出残高の2割以上を占める収益源である。f0015148_21424083.jpg

不良債権処理がほぼ終わり、銀行は、収益力強化をめざしている
従来の横並びの商品から、体力勝負となる金利引下げ競争へ
と移行してきた。

そんな中、最近は、金利上昇も、視野に入れ、金利引下げ競争脱却をめざし、
知恵をしぼっている。

・返済期間が最長50年の住宅ローン
・出産後1年は金利優遇
・がん、脳卒中、急性心筋梗塞になれば支払免除
・子供が生まれるたびに金利優遇  
                        
さまざまな住宅ローンが出てきている。

銀行の儲けは、我々が支払う利息。
銀行が儲かると我々は、損をする。

表面の化粧だけで選択せず、情報収集し、
支払総額など、比較検討し、総合的に判断したい。
[PR]
by sumai-okane | 2006-02-17 21:40 | 京都の実務派FPが駆ける!