関西圏(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)で活躍中の独立系FPが、顧客のために日々奮闘しながら、感じたことを綴ってまいります。姉妹サイトは http://www.sumai-okane.net/ です。


by sumai-okane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ:京都の実務派FPが駆ける!( 42 )

f0015148_1952555.jpg先週の土曜から左耳のあたりが腫れだし、熱が出だしました。
38度を超えて、日曜日もだんだんひどくなる一方です。

月曜日病院に行くと、何か菌が入ったという事で、
3日間抗生物質の点滴を受けました。

今日はやっと腫れも引いてきています。

病気をすると、お医者さんのありがたさを身にしみて感じます。

日頃、FPは家計のホームドクターを目指しています。
対象は身体ではなく家計になります。

数値データを元に異常値を発見しつつ、
将来のリスクを予測して、対策を提案する。

家計が長期にわたり、健全に運営されていくよう予防していきます。

熱で苦しみながら、お医者様に感謝しながら、
 『自分も将来「家計の名医」と言われるように頑張ろう!』
とふとんの中で、考えていました
[PR]
by sumai-okane | 2006-12-14 19:52 | 京都の実務派FPが駆ける!

FPのうれしい土日

f0015148_1044557.jpg11月25日(土)
10:00~
 3年目に入った顧問客のAさんご夫婦が来所。
 保険の見直しで出たお金と、定期の満期分の運用相談をしました。

14:00~
 先月から住宅購入の資金計画で、顧問客になっていただいたBさん宅へ。
 家計データの把握をしました。
 現状の生活費の分析をご夫婦と私と3人で行いました。
 この金額が将来予測をする上で重要になりますので時間をかけています。

19:00~
 1年前から住宅資金計画で顧問客になっていただいた大阪のCさん宅へ。
 念願のマイホームが完成して初めての訪問です。
 住宅資金計画をして一番うれしい瞬間でした。
 この日は金利の固定期間の最終決定をしました。

11月26日(日)
10:00~
 保険の見直しでDさん宅へ。
 住宅購入を考えておられ、保険料負担が多いためのご相談です。
 
15:00~
 1年前、住宅資金計画で顧問客になっていただいきました。
 滋賀県に家を新築されたEさん宅へ。
 やはり、家が完成後はじめての訪問です。
 笑顔で迎えていただき、昨日に引き続きFPの喜びを一番感じる
 瞬間でした。

19:00~
 アパート経営をされているFさん宅を訪問。
 アパートローンの借り換えもほぼメドが立ち、今日は相続対策の
 生命保険のご相談でした。

わたしたち実務家FPは講演や執筆で終わらず、実際のお客様の現実にかかわります。
その分大変ですが、喜びもお客様と共有できています。
[PR]
by sumai-okane | 2006-11-27 10:05 | 京都の実務派FPが駆ける!
f0015148_15323442.jpg
先日依頼を受けて、滋賀県の住宅展示場で相談員をしました。

最初は保険の相談など具体的なご相談内容です。

しかし、ゆっくり話をしていると多くの方の
一番奥にある不安はというと・・・

本当に家を買っていいのだろうか?
いくらまで住宅にかけられるか?

この答えを出せずに困られている方がいかに多いか、
あらためて実感しました。

人生の中でお金の部分ではおそらく一番大きな決断なのに、
多くの方があいまいな根拠の中で、納得できないまま購入に
踏み切られているのではないでしょうか!!

将来の収入・支出を予測し、教育資金や老後資金をも見据えた
資金計画を作る事ができます。(まだ知らない方がほとんどです。)

私がじっくりお話したお客様は、ほとんどの方がライフプランからの
資金計画を依頼されます。

値段はたった31,500円です。

一生の中でも本当に大事な局面です。
そのまま、私の本音を叫んでしまいました。

住宅の購入の際には必ずライフプラン(生涯資金計画)を
作って最終判断する時代になっていくと思います。

私はこれからも一人でも多くの方の住宅資金計画を作り続けたい
と思っています。
[PR]
by sumai-okane | 2006-11-13 15:33 | 京都の実務派FPが駆ける!
f0015148_20285980.jpg顧問契約いただいているお客様の中には、個人事業を経営されている方も結構いらっしゃいます。

会社員や公務員の方と違って、収入が読みにくいのでプランもそれだけ難しくなります。
ライフプランをつくる際は事業の方が大きな比重を占めます。

私の場合、事業の経営計画とライフプランを連動させてプランニングしています。

前職の会計事務所で培った経営計画作成のノウハウが生きています。

そしてこの作業によって事業目標が明確になり、小規模な事業であっても計画性を
持って毎月の目標管理ができます。

ライフプラン実現へ向けて、顧問のお客様と目標を共有しながら、
人生を共に歩んでいきたいと思っています。
[PR]
by sumai-okane | 2006-10-22 20:31 | 京都の実務派FPが駆ける!
f0015148_1342288.jpg昨日も住宅資金計画でご相談のお客様とお会いしました。
概ね方向性も決まり、生命保険の見直し作業をしました。

私が資金計画を立てた2世帯住宅の方はこの方を含め4世帯目ですが、みなさん、奥様のご両親との同居でした。

ご両親の土地に新築の2世帯住宅を建てられる計画です。
ご両親からの資金援助も受け、残りを自己資金不足分は住宅ローンを組まれます。

土地の購入がなく資金援助も受けるので、
住宅ローンの負担も少なくできています。

奥様の親との同居なので、嫁姑の問題も生じません。

先日、テレビを見ていたら日本で1番出生率の高い県の特集をしていました。
出生率の高い原因を探る中で、発見されたのが「おばあちゃん」の存在でした。
「おばあちゃん」が孫の面倒をみて、奥さんは安心して働きに出られている。

2世帯が協力し合って生活する事で、安心して子供が生めるようです。

30代の方の子育てを経済的に支える少子化対策を早急に進めて
ほしいと強く思います。
[PR]
by sumai-okane | 2006-10-08 13:43 | 京都の実務派FPが駆ける!
f0015148_21454422.jpg
私のHPがやっと完成しました。

1年前から作りかけておりましたが、日常の業務に追われていたのと事業の方向性も試行錯誤の連続であったためにまとめきれませんでした。

顧問のお客様もだんだん増えて、FPとしての自信も少しは付いてきました。

私は、自分を100以上に見せようとも、100以下に見せようとも思っていません。
そんな生き方をしています。

自分自身をそのまま表現できて、非常に喜んでおります。

一度良かったら見てください。
アドレスは http://fp-fortress.com/ です。

少しでも更新できるよう頑張ります!!
[PR]
by sumai-okane | 2006-09-22 21:46 | 京都の実務派FPが駆ける!

9月8日 FP日記


f0015148_0234299.jpg10:30~12:30

保険の研修でした。6月から週1回ペースで行っています。
生命保険と損害保険を、1回1社ずつ保険商品を勉強しています。
医療の現状にあったいろいろな保険商品が出て来ています。

14:00~16:00

Aさん宅を訪問。1年前にセミナーで出会ったお客様です。
その間に2人目のお子様も誕生されました。
いよいよ2世帯住宅の新築計画が具体化し、前回家計のデータを
いただいて、1回目のライフプランの検討を行いました。
大筋の住宅資金計画が見えてきました。

20:00~21:00

7月に顧問客になっていただいたBさんの紹介で、
Cさんが事務所に初めて来られました。
住宅購入や将来の事などをご相談し、ライフプランを作成する事になりました。
「質問シート」の記入を依頼しました。

お客様、それぞれの人生計画(ライフプラン)実現の
お手伝いが少しでもできた充実感は、FPにとって最大の醍醐味です。

明日は1日、住宅資金の相談会です。
頑張ろう!!
[PR]
by sumai-okane | 2006-09-08 23:53 | 京都の実務派FPが駆ける!

お盆休みとNPO

f0015148_238874.jpgお盆休みに親元に行きました。
同じ京都に住んでいますが、普段はご無沙汰しております。
父親も今年76歳になり、最近外出のときは杖をついています。

車でお墓参りに連れていくと孫と昔話などして非常に喜んでおりました。

2年程前から「安心して老いられる社会づくりに貢献する目的」のNPO法人に参加しています。
ファイナンシャル・プランナーや税理士・司法書士などの専門家、
福祉や不動産や保険関係の方などが中心で活動しています。

今月も福祉の現場を知る目的で、特別養護老人ホーム・ディサービスセンター・ケアハウスなどを実際に訪問する予定です。

少子高齢化に伴って、ライフプランを作成する時、長生きに備えた「介護や医療・老後の資金計画」の重要度が増しています。
[PR]
by sumai-okane | 2006-08-18 23:58 | 京都の実務派FPが駆ける!
8月3日 f0015148_0322171.jpg
今日は住宅資金計画で先月お客さまになられたAさんの
住宅ローンの選定で銀行を訪問。

前回、お会いしてライフプランの方向性はほぼ決まった。
無理のない建築金額、頭金と住宅ローンのバランス、住宅ローンの固定期間も決まった。

いよいよ実行支援。
Aさんにとって、最も金利の低い、住宅ローンの選択である。
金利上昇に備えて事前に金利を確定する方法もある。

具体的に住宅ローンを選定する場合、ネットで情報を取るだけでは難しい。

その方の職業や会社と金融機関との関係・収入など個人の要素もある。

地方銀行や信用金庫などの場合は表面に見えない金融機関ごとの特色がある。
発表されているキャンペーン金利以上に個別優遇してくれる金融機関もある。

我々、実務型FPは日々経験の中で情報が蓄積されていくので、
そのお客さまにとって最も有利と思われる金融機関の選定が可能になる。

金融先進国アメリカでは、住宅ローンの選定・斡旋を職業とする『モーゲージブローカー』と呼ばれる職業の人が55万人もいる。

直接、銀行に住宅ローンを相談しても銀行は自行の住宅ローンを勧めるからである。

日本でも住宅ローンが横並びでなくなってきている。

2000万円から3000万円の金利変動リスクのある金融商品との意識が必要である。
[PR]
by sumai-okane | 2006-08-04 00:27 | 京都の実務派FPが駆ける!
朝10時から、先月お客様になられたAさん宅へ。 f0015148_1857867.jpg

相談内容は住宅ローンの金利優遇2年の固定期間が終了するので、次の期間どのような選択をしたらよいか。

日銀のゼロ金利政策が解除され、都市銀行も住宅ローンに連動する短期プライムレートを0.25%上げるとの発表をし始めた。

日本経済の基礎体力の回復基調から、今後正常な金利水準へ少しずつ上昇していくと思われる。

お客様には、過去の金利や海外の金利水準、金利のしくみを説明しました。
日本経済や財政の状態も考慮しなければならない。

どの程度の金利上昇を想定しなければならないか。
長い間低金利が続き、金利上昇のリスク感覚が実感しにくい。

これら外部要因と自分のライフプランからの判断が重要である。

自分が何年で住宅ローンを返せるか。
どこまでの金利上昇に自分の家計が対応できるか。

これらを総合判断して、Aさんの家計にとって
安心な金利の固定期間の選択をアドバイスしました。
[PR]
by sumai-okane | 2006-07-22 18:57 | 京都の実務派FPが駆ける!