関西圏(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)で活躍中の独立系FPが、顧客のために日々奮闘しながら、感じたことを綴ってまいります。姉妹サイトは http://www.sumai-okane.net/ です。


by sumai-okane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ:生活設計ナビの独り言( 72 )

損害保険料控除の改正

f0015148_2211181.jpg2006年度税制改正によって損害保険料控除が大きく変わりました。
その適用が今年(2007年)からなので、この機会にわが家の損害保険
を見直すきっかけにしていただきたいと思います。

■改正前(2006年12月末まで)

 □長期契約の損害保険料控除
  (満期10年以上で満期金が出るもの
       例:年金払積立傷害保険、積立火災保険)

  <控除の限度額>
   所得税:15,000円  住民税:10,000円
   
 □短期契約の損害保険料控除
  (上記の□長期契約以外のもの)

  <控除の限度額>
   所得税:3,000円  住民税:2,000円

■改正後(2007年1月から)

 □長期契約の損害保険料控除(a)
  ★2007年のみの経過処置です。
    2006年12月末以前に開始した契約が対象です。
   
 □地震保険保険料控除 【新設】(b)

  <控除の限度額>
   所得税:50,000円(対象は保険料の全額)
   住民税:25,000円(対象は保険料の半額) 

 (a)と(b)がある場合は、両方とも適用がされますが、
 地震保険料控除額(b)が上限になります。

このような政府の後押しもあって地震保険の契約件数が伸びています。

今年3月の申告では関係ありませんが、確定申告の季節が近づくにつれて
税への関心も高まり、新しい制度の認知度が高まっていくと思います。

残念なのは火災保険のほうが対象外になってしまったこと。

地球温暖化による異常気象が顕著になってきている中で、大量の雨によって
引き起こされる「水害」は火災保険の範疇です。

いきなり地震保険だけに制度が偏ってしまうのは、ちょっとバランスを欠いて
いるのでは..思うのは私だけでしょうか?

「火災保険と地震保険の加入率」
9割弱と言われる生命保険にはまだまだ及ばないのですから。 /staff(yamashita)
[PR]
by sumai-okane | 2007-01-30 22:22 | 生活設計ナビの独り言

1月17日

f0015148_294190.jpg今年も1月17日という日を迎えようとしています。
あの阪神淡路大震災から12年。

「ドドド」と天井が抜けるのではないかと感じた
あの衝撃と感触と恐怖を一生忘れることはできないと思います。

1995年の干支も「亥」でしたから、今年は特別な想いがこみ上げてきます。

ところで、地震に伴って家屋や家財が受けた損害を補償するのが「地震保険」。

関西地区での加入増加率が以外にも伸びていません。
対前年比5~6%と全国平均並みの数字に留まっています。

地震保険の付帯率が既に高いのかな?
と思いきや兵庫ではナント30%強にに留まり、
全国平均の約40%を下回っています。(2005年、損害保険料率算出機構調べ)

一方で、佐賀・福岡・宮城という近年大きな地震があったところでは加入件数が伸びているようです。
対前年比11%前後の増加率と全国平均をはるかに越えています。

経験があったからこそ持てる危機意識。
それに賞味期限があってはならないのですが。

「あんな大地震はもうしばらくは来ないだろう」という
まったく根拠のない考えから来ているとすれば....

「国や県がお金をなんとかしてくれるだろう」
と思っているとすれば...

「その時はその時」と開き直っているのであれば...

本来、地震の発生に対して、人間はコントロールができず謙虚であるべきもの。
事前の想定と対策は必須なのです。

将来また悲劇や生活苦(二重ローンなど)を繰り返さないためにも、
この時期を機に、もう一度備えについて見直したいものです。 /staff(yamashita)
[PR]
by sumai-okane | 2007-01-15 02:15 | 生活設計ナビの独り言

風物詩

f0015148_23263475.jpg
誰でも1年を通して
「自分の風物詩」というものを持っているのではないでしょうか。

風物詩とは「また今年もやってきたな!」と1年を過ごしたことを実感できるものです。

私の場合は夏の高校野球と12月12日です。

この12月12日というのはお分かりでしょうか?

実は今年の漢字(1文字)が発表される日なのです。

2週間ぐらい前のニュースでご存知ですよね。

なぜこの日なのかというと12月中旬ということもありますが、
語呂でいくと「1212→1(いい)2(じ)1(いち)2(じ)」ということだそうです。
なるほどです。

今年は「」という漢字が公募で選ばれました。
「ひとつしかない命の重み、大切さを痛感した年」
だったというのが多かった理由です。
関係する出来事や事件がありましたね。

ちなみに過去4年は「」「」「」「」でした。

そして同じように、
私なりに今年の漢字を考えるのが楽しみなのです。

私が過去4年で選んだ漢字は、
 2002年:私事ですがFPへの転身を決心しましたので「
 2003年:猛虎復活・景気回復・イラク復興により「
 2004年:プロ野球の球団買収と変化が激しかったので「
 2005年:郵政民営化という構造改革のヤマ場だったので「

そして今年(2006年)は私事ですが前半は病気で出遅れたので「」。
ノロウィルスの流行もありました。

こんな感じでやってみると、いくつか候補を挙げてみることで世相・流行を実感できたり、
また身の回りのことが整理できたりと結構有意義に過ごせます。

いかがでしょう?
ちょっぴりお勧めです。
[PR]
by sumai-okane | 2006-12-30 23:29 | 生活設計ナビの独り言

忘年会(2006年)


f0015148_1418485.jpg22日(金)はスタッフが集まっての忘年会。

今年を振り返って、活動の総括と
来年に向けての抱負を熱く語り合った。

スタッフ全員が口を揃えるのは、
「住まいとお金」というテーマは、やはりその方の人生設計にとって最も重要なファクターである
ということ。FPの必要性を再確認できた。

住宅取得はお客様とFPの想いが一体化する・見えるイベントであり、
「人生で一番高価で長期に渡る支出」
が伴う。ただ考え方を間違うとダメージが大きい。

サラリーマン家庭の生涯収支は概ね2億~3億と限られている
ことから、住まいのお金をいかに適切なタイミングでバランス
良く支出するかにより、将来残る資産も結果的に変わってくる。

 1.入居した直後の家計のバランス
 2.5~10年後のバランス(教育資金・イベント資金)
 3.20~30年後のバランス(セカンドライフ・介護の資金)

念願の新居に住める想いが先行してしまい、
1.のみで考えてしまいがちだが、3つが解決できるシナリオで初めて安心できる。

「将来のリスクを軽減していくことは、
       ひとつの資産運用効果がある。」

このことに気づき始める方々が本当に多くなってきた。
時代とともに消費者も進化している。

さてと。
住宅資金という大きな課題が片付いた後はどうなるか?

新たなニーズを想定して、私たちFPの方も進化が必要である。
課題は尽きない。
[PR]
by sumai-okane | 2006-12-23 23:55 | 生活設計ナビの独り言
f0015148_18132848.jpg
> 火災保険料 取り過ぎ続出
> 2x4住宅や地震保険の割引漏れ
> 複雑な算定方法・代理店も熟知せず。
>   (2006年12月14日、日本経済新聞・7面見出し)

損保業界が揺れています。
自動車保険での特約の不払いに続き、火災保険料取り過ぎの問題が出てきました。

昨年は明治安田生命など生保業界で不祥事が発覚してましたが、、今年は損保業界の順番という様相になっています。

先日ある方とお話をしたときに教えていただいたことですが、同じ保険でも含まれている細かな補償内容はその時代のニーズに応じてマイナーチェンジが繰り返されて来たそうです。

その度に約款が別のものになってしまうので、現場の担当者はどの約款を準じて保険料を案内していけばよいのか、事故での補償金もどれを適用して支払いしていけば良いのか、細かいところを漏れなく正確に判断することが難しくなってきているそうです。

なるほどなあと思いました。
世の中のモノやサービスって、所詮人間が作っているもの。
100%正確と言い切れるものが無い。

でも、
一般消費者はまさか保険料が間違っているとは思って疑わないでしょう。たとえ疑ったとしても損保会社が提示したものをチェックする方法にたどり着けません。

生命保険のほうは、中身がCMで比較的親しみがあったり、関する情報が多くの書籍やネット等である程度は収集できることから、チェックがしやすいと思います。
一方で火災保険のほうは情報が少なすぎます。

もう代理店を信用するしかないのですが、その代理店も約款を熟知してなかったという現実があります。

損保業界が信用を取り戻すにはしばらく時間が掛かりそうです。今回を機に自分たちの身の上で起っている問題をちゃんと把握して、今後ミスや不祥事が起こりにくいシステム作りが必要になってくるでしょう。

私たちFPとしても、このような問題を何とかサポートしたいと思い、
「生命保険の見直し」と同じように「火災保険の見直し」のご相談にも対応しております。

定期的にセミナー(住まいの危機管理セミナー)も開催しております。
加入してしまった人・これから加入する人、不安な点があれば是非受けてみて下さい。

消費者も正しい知識が必要です。
住宅ローンの際に申し込むことが多い火災保険。
果たして銀行に任せきりでは良いのでしょうか?

「火事で焼けてしまった家は保険で元通りに建てられるよね!ローンも返せるよね!」

不安げによく尋ねられますが、どのような契約内容になっているかがポイントです。
昔に入った保険は要注意かもしれません。

火災保険も定期的に見直しが必要なのです。
詳しくはセミナーにて。
[PR]
by sumai-okane | 2006-12-16 18:19 | 生活設計ナビの独り言
f0015148_21221947.jpg
今年も早いものであと1ヶ月となりましたね。

紅白の出場者も決まり、いよいよ平成18年(2006年)
とお別れムードが漂ってきました。

私のほうは12月2日を皮切りに忘年会の予定が4件、子供へ
のクリスマスプレゼントの調達(我が家はまだサンタさんから
にしております)、年賀状の印刷、新セミナーの準備、来年早々
に住宅取得・転職・結婚・出産と重要なイベントを迎えられる
お客様との最終打ち合わせ、そしてライフプラン作成が4件。

12月中旬までは慌しい日々になりそうです。
⇒その中でも個別相談はしっかりと行っております。

年末年始はゆっくりと過ごせることを楽しみに最終日まで
頑張ります。それではまた・・・

いやいや、
ここで終わってはいけませんね!!(笑)

タイトルのお話ですが、住宅ローン減税の期限が2年後に
なりました。
平成20年12月31日入居までの時限立法です。

2年なんかはあっという間ですから、期限はしっかりと押さ
えておきたいものです。ただ、妙にこの減税を目当てに住
宅の購入を急がれる方もチラホラと見かけますが、返って
くるのは住宅ローンの年末残高の1%~0.5%で、
払った税金の範囲です。

ローン残高の少ない方や税金の少ない方はそれほどは
返ってこないのです。

あくまでも、まずはライフプランを作り、先行きの家計の
状態を見た上で購入時期を決断していきましょう。

あと、この減税は新規購入の場合だけと思ってらっしゃる
方が多いようですが、実はリフォーム(一定の要件を満た
したもの)も対象です。周りに思い当たる方がいれば確認
してあげてください。5年以内に申告し直すと税金が戻って
くる可能性があります。

詳しくは税務署へご相談いただくと良いでしょう。
[PR]
by sumai-okane | 2006-12-01 00:01 | 生活設計ナビの独り言

物価上昇の影響

f0015148_21302770.jpg> 9月の全国消費者物価、0.2%上昇
> 原油下落でプラス幅縮小
> (10月27日 日本経済新聞)

あれほど急騰していた原油価格が下落に転じたことで、
物価の上昇感が落ち着きはじめたようですね。

相変わらず原油価格が各方面の価格へ波及する構図が、
私の子供の頃(1970年代)からあまり変わっていないことが
とても気になります。

さて、上がっているものとして、灯油が前年同月比23.1%、
ガソリンは10.4%とそれぞれ上昇しています。

一方で下がっているのが耐久消費財です。
テレビやパソコンが前年同月比マイナス18.1%と大幅も下落
しています。

上がるものと下がるものの綱引きをやっているような状況ですが、
原油価格の上昇分をまだ転嫁しきれていない製品もあるそうです。

緩やかな上昇傾向は変わりないですね。

2ヶ月前、ある建築士さんとお会いしたときの話ですが、一戸建ての
建築費が材料の高騰等により、ここ半年で概ね10%前後上がったようです。
昨年末から手掛けてきた案件で最終価格が500万円!!も上がった事例を
見せていただきました。

物価上昇=金利上昇に関心が行きがちですが、
「追加の利上げはまだ様子見だろう」が大勢なので、
住宅ローンの金利は比較的落ち着いています。

しかし、自分が欲しいと思った家の値段が密かに上昇していることは
しっかりと意識しておきたいものです。

~3ヶ月以上前の資金計画は見直しておきましょう~
[PR]
by sumai-okane | 2006-11-15 21:39 | 生活設計ナビの独り言

残念ですが....

f0015148_20414278.jpg
2ヶ月前。
「これはなかなかいける!」と思わせる
住宅ローンのサービスが開始されました。

新生銀行の「適用金利選択サービス」。

そう!
住宅ローンの金利が選択できるのです。

「申込日」の金利か、「契約日」の金利の低いほうです。

民間の住宅ローンでの適用金利はほとんどの場合、実行日の金利が適用されます。(住宅ローンの実行日は契約日と同時期なのが通常です)

よって、申込日から実行日までの間に金利が上昇してしまった場合には消費者側がそのリスクを被ることになります。

金利が選べるということは、反対に銀行側が金利上昇リスクを被ってくれるのです。
消費者にとってはけっこう嬉しいサービスでした。
(申込日~契約日は3ヶ月以内という条件ありますが)

と・こ・ろ・が・

10月末で中止されるというニュースが入ってきました。
サービスを続ければ銀行側の採算が悪化するからだそうです。

うーん!残念ですね。

仕方が無いといえばそれで済むかもしれませんが、
銀行がこんなメッセージを発しているとも思ってしまいます。

「金利上昇が表面化しそうなので...」
 (だから消費者に被ってもらう必要がやはりあると…)

ゼロ金利解除から3ヶ月が経ちましたが、
皆さん、金利の動向にちょっと鈍感になってませんか?

再び警戒が必要です。
[PR]
by sumai-okane | 2006-10-29 20:44 | 生活設計ナビの独り言
>大手銀行、休日営業店舗を拡大 資産運用や住宅ローンの相談 f0015148_2316281.jpg
>
> 大手銀行が相次いで土日や祝日など休日も営業する店舗を
> 増やしている。
> 三菱東京UFJ銀行は休日営業する店舗を、9月に9カ所追加し
> 合計23店舗に 増やしたほか、三井住友銀行は67店舗の休日営業拠点を、
> 今後100をめどに拡大する計画だ。
> 休日にも資産運用や住宅ローンの相談を受け付けることで、
> サラリーマンやOLなど多忙で平日に来店できない顧客を取り込む狙いだ。
> また、平日の営業時間を延長する動きも出てきた。
>  (2006年10月11日 フジサンケイビジネスアイ)

お金の相談窓口が増えている。

2007年から始まる団塊の世代の退職。
70兆円にもなると言われる退職金の行方はどこへ?
各業界の関心が高まっていることも関係しているはずですね。

相談のお仕事でも、20台後半~30代が中心でしたが、ここ半年は50代後半の
年齢層も増えてきており、本当に実感しています。

これまで日本人は資産運用が苦手(≒しない)と言われてきましたが、ここ数年
で様子が随分変わってきたようです。

関心のある方が増え、金融機関でも対応する裾野が広がってきました。
昔のようにただ窓口に座って業務的な対応しているだけではもうダメで、これから
お金に関してきめ細かなサービスを展開しないと生き残れない時代ということですね。

ただ、あくまでも顧客の囲い込みが目的なので、消費者側も窓口担当者の説明の
意図や背景を客観的に分析しながら聞く必要があるでしょう。

「今度は中立的な方の意見をお聞きしたく...」

と前に座られるご相談者の顔を見ると、ギャップが潜在しているなあと感じます。

独立系FPの意見への期待。
身の引き締まる思いを感じています。
[PR]
by sumai-okane | 2006-10-14 23:20 | 生活設計ナビの独り言
f0015148_2152357.jpgこの間が9月1日の防災の日だと思ったら、
2~3週間があっという間。
最近時間が過ぎるのが早く感じられます。

そしてもう10月の足音が近づいてきました。
年度の後期に入るということで、色々と社会のしくみが変わります。

まずは私たちの生活に影響を及ぼすのが、
医療費の制度改革。

10月から施行されるのは下記の3項目です。

・70歳以上の高齢者(一定所得以上)の窓口負担が2割から3割に変わります。
・70歳以上の長期入院者の食費負担増と居住費が自己負担になります。
・高額療養費の自己負担額が引き上げられます。
  例えば70歳未満の一般所得者(標準報酬月額53万円未満)の基準額が
  80,100円+(医療費-267,000円)×1% に変わります。

 詳しくは厚生労働省のHPをご覧ください。

次が今日の本題。
ゴミです。

私が住んでいる大阪市では粗大ゴミの回収が有料化されます。
(他の自治体では以前から行われているようです。
 これからは100円~400円ぐらい掛かるようになります。)

「とうとうここまで来たか?」という感想です。

今、我が家もせっせと大きな物(家具など)をリストラしております。
出来ればリサイクルしたかったのですが、本当に大きなものだった
のでにゴミに出すことにしました。
ちょっと勿体ないですが。

ちなみに10月1日までは無料回収の受付をしているようです。
大阪市の皆さま、急ぎましょう。

ゴミの回収はタダで当たり前でしたが、これからは
「回収してもらう価値」にお金を払うことになります。

その他にも、
 ・回収用のゴミ袋
 ・スーパーのレジ袋
 ・コンビニのお箸...
も有料化になるようです。

世の中どこかでコストが掛かっているものですから、
「最終的にモノ・サービスを受ける人にご負担していただきましょう」
ということです。

ハッと気が付きましたが、
 ・飲み水
 ・空気(酸素・マイナスイオン)
 ・身の回りの安全
などはどうでしょう?

昔はタダのような感覚だったのに、その価値にちゃんとコストを
払う時代になってきていますね。

人の意識も変わるものですね。

長引く不況を経て日本は成熟化社会に移行してきましたが、これからは
生活レベルが上がる人/下がる人とハッキリと分かれて、そして拡大していくことでしょう。(いわゆる二極化現象ですね)

『質の高い生活(リターン)を求めて対価を払う。』

この流れは当分続くでしょう。
世の中のニュースや人の行動を改めて振り返ってみると、
少しずつ日本人も自己責任の意識が芽生えてきたような気がします。
[PR]
by sumai-okane | 2006-09-24 21:10 | 生活設計ナビの独り言