関西圏(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)で活躍中の独立系FPが、顧客のために日々奮闘しながら、感じたことを綴ってまいります。姉妹サイトは http://www.sumai-okane.net/ です。


by sumai-okane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

火災保険で心配なこと

f0015148_21315952.jpg7月も下旬に差しかかり、海の日3連休に突入しました。
本格的な夏がやってきましたね。
子供たちにとっては今年はちょっと早い夏休みです。

梅雨が明けて毎日かんかん照りの日が続くとは思いますが、台風到来のシーズンでもあります。連休は朝鮮半島のほうに台風が上陸して、日本にも多少なりとも影響があるようです。今年も何回か台風が来るかもしれま
せん。

台風や地震などでの自然災害のニュースに遭遇するたびに、皆さんのご自宅には火災保険や地震保険がちゃんと保障が掛けられているどうか?心配になります。

3週間ほど前に「火災保険料取り過ぎ問題」の調査結果のニュースがありましたが、まだまだ漏れや間違いがあるのかもしれません。

実は..私の火災保険・地震保険にも間違いがありました。

火災保険では、保険証券に記載されている物件がまったく他の建物(聞いたことない住所の建物)であったのです。

これを発見したときは唖然としました。

おそらく、保険会社側で誰かの書類と間違えてコンピューターへ入力したものと思われます。それに関係して、階数と構造は合っていたものの外壁の仕様が間違っていたのです。
(保険料の変更まではなかったのですが)

大変お恥ずかしい話なのですが、
保険証券を金融機関側で保管(=質権設定:火災保険金が金融機関のほうに支払われる。住宅ローンの返済があるため)されていた事情があり気が付かなかったのです。

地震保険のほうでは、保険会社からの自主点検のはがきが来たので1つずつよ~く確認したところ、建築年割引(昭和56年6月1日以降に新築された建物である場合)が適用されていなかったのです。

証明書類を揃えて過去に払った超過保険料を利子も入れて戻してもらいました。

以上のことから、
どうも「たまたま運が悪かった...」と笑い話で済まされないような気持ちがしております。

火災保険にまつわる苦い体験談!! をお知らせしましたが、
証券を一度も点検されていない方、要注意ですよ。

/staff(yamashita)
所属会社:アズ・ユア・プランナー関西FPパートナーズ
[PR]
by sumai-okane | 2008-07-19 21:38 | 生活設計ナビの独り言