関西圏(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)で活躍中の独立系FPが、顧客のために日々奮闘しながら、感じたことを綴ってまいります。姉妹サイトは http://www.sumai-okane.net/ です。


by sumai-okane
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

住宅資金の新発想

f0015148_22201922.jpg年末から今年にかけて住宅資金のご相談が多い。

私はいつも住宅資金設計をする際、
最初に住宅にかける総額がいくらになるのかの認識を変えていただきます。

 「土地・建物・諸費用合わせて3500万円」

この金額が住宅にかける総額でしょうか?

 「自己資金500万円・借入金3000万円 (借入期間30年・金利3%)」

上記の場合、支払利息の総額は約1550万円。

住宅のために自分が払う金額は3500万円でなく5050万円です。
この認識を持っていただくところから資金計画を始めていきます。

目に見える建築費や設備などの価格はじっくり検討されています。
それに比べて、資金設計や住宅ローンの選定にはあまり時間をかけません。

上記の例の場合、住宅にかかるお金の約30%が銀行に払う利息になります。

住宅ローンは組み方一つで大きな差が出ます。
資金計画次第で利息を何十万円・百万円単位で減らす事も可能です。

3割の比重を占める資金計画に時間と労力をかけて努力した分、
自分の老後資金は確実に増えます。 /staff(ito)
[PR]
by sumai-okane | 2007-01-26 22:22 | 京都の実務派FPが駆ける!