関西圏(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)で活躍中の独立系FPが、顧客のために日々奮闘しながら、感じたことを綴ってまいります。姉妹サイトは http://www.sumai-okane.net/ です。


by sumai-okane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

お金の相談が浸透する時代

>大手銀行、休日営業店舗を拡大 資産運用や住宅ローンの相談 f0015148_2316281.jpg
>
> 大手銀行が相次いで土日や祝日など休日も営業する店舗を
> 増やしている。
> 三菱東京UFJ銀行は休日営業する店舗を、9月に9カ所追加し
> 合計23店舗に 増やしたほか、三井住友銀行は67店舗の休日営業拠点を、
> 今後100をめどに拡大する計画だ。
> 休日にも資産運用や住宅ローンの相談を受け付けることで、
> サラリーマンやOLなど多忙で平日に来店できない顧客を取り込む狙いだ。
> また、平日の営業時間を延長する動きも出てきた。
>  (2006年10月11日 フジサンケイビジネスアイ)

お金の相談窓口が増えている。

2007年から始まる団塊の世代の退職。
70兆円にもなると言われる退職金の行方はどこへ?
各業界の関心が高まっていることも関係しているはずですね。

相談のお仕事でも、20台後半~30代が中心でしたが、ここ半年は50代後半の
年齢層も増えてきており、本当に実感しています。

これまで日本人は資産運用が苦手(≒しない)と言われてきましたが、ここ数年
で様子が随分変わってきたようです。

関心のある方が増え、金融機関でも対応する裾野が広がってきました。
昔のようにただ窓口に座って業務的な対応しているだけではもうダメで、これから
お金に関してきめ細かなサービスを展開しないと生き残れない時代ということですね。

ただ、あくまでも顧客の囲い込みが目的なので、消費者側も窓口担当者の説明の
意図や背景を客観的に分析しながら聞く必要があるでしょう。

「今度は中立的な方の意見をお聞きしたく...」

と前に座られるご相談者の顔を見ると、ギャップが潜在しているなあと感じます。

独立系FPの意見への期待。
身の引き締まる思いを感じています。
[PR]
by sumai-okane | 2006-10-14 23:20 | 生活設計ナビの独り言