関西圏(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)で活躍中の独立系FPが、顧客のために日々奮闘しながら、感じたことを綴ってまいります。姉妹サイトは http://www.sumai-okane.net/ です。


by sumai-okane
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ワールドカップで思ったこと


ドイツで開催されているサッカーのワールドカップも、あと準決勝と決勝を残すだけとなりました。f0015148_533010.jpg

4年前日韓で開催されたときには、会社を退職しFPになるための準備期間で時間があったことと、息子が切符の入手に一生懸命だったこともあって神戸での二試合を観戦することが出来ました。

その時、大変印象に残ったことが二つありました。

一つは、ワールドカップ開催のために建設されたサッカー専用グランドのすばらしさです。
それまで主としてサッカーの試合が行われた陸上競技場に比較して、周りのトラックがないために、観客席からピッチまでの距離が短く、臨場感が全く違います。
またスタンドがそれまでに比較して傾きが急なため、より近くで、かつ上の方から観戦出来ますから、選手の動き、玉回しが大変良く見えました。

もう一つは、アフリカのチームが全く対等に他のチームと戦っていたことから感じたことです。
オリンピックは、その入場式に代表されるように米国やロシア、中国は大選手団を送り、メダル獲得競争をします。

一方、ワールドカップは全ての国が大国であろうが小国であろうが試合に参加する選手は同じ11人(サブも含めても23人)で、全く対等に戦っていました。

私たちは、政治・経済だけでなくスポーツの世界でも日頃大きな国にのみ関心を持って生活していたのではないか。全ての国・人間は対等であり、皆それぞれに誇りと自信を持って生きているのだということをワールドカップで感じました。
[PR]
by sumai-okane | 2006-07-04 23:19 | 元気なシニアのコンサル日記