関西圏(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)で活躍中の独立系FPが、顧客のために日々奮闘しながら、感じたことを綴ってまいります。姉妹サイトは http://www.sumai-okane.net/ です。


by sumai-okane
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
4月の足音が聞こえてきました。f0015148_2094350.jpg

4月は新年度の始まり。新しい制度が始まる月、
今までの制度が変わる月でもあります。

そのあたりで今年はどうなるかといいますと
「医療保険の制度」が大きく変わります。

 1)診察や治療にかかった時の窓口で支払う医療費負担(一部負担金)
 2)健康保険料の負担

1)は年齢によって以下のようになります。

  a)3歳未満の2割負担 ⇒ 小学校就学前に拡大
  b)小学校就学時~69歳の3割負担 ⇒ 変わらず
  c)70歳~74歳の1割     ⇒70歳~74歳の2割(当初1年間は1割のまま)
      または3割負担       または3割負担
  d)75歳以降の1割      ⇒75歳以降の1割
      または3割負担       または3割負担
      
2)は、75歳以降は新しく「後期高齢者医療制度」に加入すること
になり、被保険者1人1人に保険料の負担が発生してきます。
 
  「後期高齢者医療制度」は各都道府県が事務手続きなどの運営を行います。
  気になる保険料のほうですが「均等割」+「所得割」で構成されており、
  地方自治体の医療費事情に応じて年間保険料の算出が変わってきます。

  たとえば、大阪府の場合(近畿で負担が高い)
  
    均等割 47,415円  所得割 (総所得金額-基礎控除(33万円))×8.68%
  
  ですが、滋賀県の場合(近畿で負担が低い)は、
  
    均等割 38,175円  所得割 (総所得金額-基礎控除(33万円))×6.85%
  
  という計算方式になっています。
  
  近畿圏内で、均等割だけで年間9,240円の差が付いているのは驚きです。
  しかも、料率に関しても1.83%の差が付いています。


セカンドライフの住まいをどこにするか?を考えていく場合、
希望の住環境や生活の利便性が優先であることは勿論ですが、
これからは・・・
公的な制度にかかる支出を考えた選択も重要になってくると思います。

/staff(yamashita)
[PR]
# by sumai-okane | 2008-03-19 20:13 | 生活設計ナビの独り言

f0015148_2148899.jpg最近、40代の方の住宅取得に関する相談を担当しました。
その中で、持ち家の時期は、いつが良いかについて、話し合いましたので、そのことを整理してみました。

定年後・老後のことを考えると、現役時に持ち家取得し、住宅ローンの返済も終わっていることが望ましいと思います。

仮に4LDK 3,500万円程度の住宅購入を計画したとします。
30歳結婚直後の人の場合は、殆んど全額を住宅ローンで計画することになるでしょう。35年、65歳で完済、金利3%程度とすると、年間160万円程度の返済計画になります。

一方、65歳現役引退の時期に、持ち家する場合は、30歳から65歳までに年間100万円を将来の持ち家のために貯蓄すれば、65歳時には3,500万円程度は貯まることになりますので、自己資金だけで持ち家出来ます。
40歳時に急に持ち家を計画したとしても、10年間で1,000万円程度貯まっているはずですから、住宅ローンは、2,500万円、65歳までの25年返済で、年間の返済は140万円程度となります。

結論からいいますと、取得したい住宅の価格を住宅費準備期間35年(30歳から65歳)で割った金額程度を毎年準備していけば、何歳でも自由に持ち家時期を決めることが出来ることになります。

今回は、金利や物価上昇をゼロとしましたが、金利・物価上昇を織り込んでも、考え方は同じです。

/staff(fukuyama)
[PR]
# by sumai-okane | 2008-03-13 15:31 | 元気なシニアのコンサル日記
約3年前からご相談内容の統計を取っています。

f0015148_2013963.jpgその中で「マイホームを購入される方からの相談」ベスト3を紹介します。

(1)住宅ローンはどれを選べばよいか?

(2)住宅ローンをどう組めばよいか?
   (自己資金の準備・ローンとのバランス・返済期間・金利のタイプ・諸費用)

(3)マイホームを購入した場合、将来に渡っての家計への影響具合(リスク)

購入にあたって、検討していく段階は(3)→(2)→(1)の順番ですが、

それでも最終段階になった(1)でのご相談が多いのが現状です。

つまり、これまではご自身で色々と判断をしてきたものの、

「さあいよいよ!実行」 という時に

「いや、ちょっと待てよ・・・」 と、

FPへ客観的な検証を求められるケースですね。

その場合にも(2)(3)にさかのぼって検証を行っていますが、そこで見直しを行う

にも計画がほぼ固まってしまっている段階なので、おのずと選択肢が(2)(3)の

段階よりも限られてきます。 やはり早くからのご相談をお勧めしたいですね。

特に(3)の段階では、色々な可能性や選択肢がディスカッションできるので、

お客様が一番効果を実感できると思います。

「なるほど!もっと早くから相談に来て、そして、気が付けばよかった。」

いままで頂いた感想もこれが一番多いです。

~ マイホームの夢とその後の安心も叶えたい方へ ~

一番の効果と近道はライフプランから検証していくことだと思います。

/staff(yamashita)
[PR]
# by sumai-okane | 2008-02-19 20:01 | 生活設計ナビの独り言
今日は朝から大阪でも雪が降りました。

f0015148_230233.jpgどうせすぐに止むだろうと思っていると、
あれよあれよいう間に道路に積もるほどになっていました。

こんな一面の雪景色は本当に久しぶり。
ニュースによると大阪で5cm以上積もったのは11年ぶりだそうです。

交通機関もかなり乱れたようですね。

午後から来客がなかったので、久しぶりの「OFFたいむ」に決定。
仕事を切り上げて自宅に戻りました。

そして、家の前で子供と一緒に雪だるまを作りました。

子供は初めて見る雪のようで、おおはしゃぎでした。
(∵11年前の、その雪の日に生まれたのですから当然ですネ)

こんな寒い日はやはり鍋パーティとしようということになり、
わが家も最近ブームの「カレー鍋」にチャレンジしました。

f0015148_22594019.jpg
 鍋の素は家内の手作り、
 野菜も実家の手作りで栄養は満点です。

ビールにもよく合うし、子供も普段よりたくさん野菜を食べていました。
ありそうでなかった「カレー鍋」。これ結構お勧めです。

最近は慌しい日々が続いていましたが、
思わぬ「大雪」のお陰で、充実したOFFを過ごすことができました。

ハプニングもたまには良しとして、明日からまた頑張ります。

/staff(yamashita)
[PR]
# by sumai-okane | 2008-02-09 23:00 | 生活設計ナビの独り言

1年の計は、元旦にあり


 あけましておめでとうございます。f0015148_2313448.jpg

 今年のお正月は、少し寒かったですが、3日間ともお天気で良いお正月だったのではないでしょうか。
 皆様も、ご家族揃って楽しいお正月を過ごされたのではないでしょうか。

 「昔から1年の計は、元旦にあり」といいますが、お正月から、新年度を迎える4月までは、これからの生活設計(ライフプラン)を考える絶好の時期です。

 子供様も、新学期から小学校に入学したり、新しく中学・高校・大学などへの入学なども決まって来ます。それに伴い、授業料など教育費も変わってきます。

 将来の持家を考えている人も、お正月には、来年のお正月は新居で迎えたいとか、持家のためにそろそろ頭金の準備を具体的に始めようとかなど色々考えたのではないでしょうか。

 また、今年定年を迎える人は、定年後の仕事や生活がどうなるかと考えたのではないでしょう。

 お正月は、自分の生活環境が変わっていくことを実感として感じる時期です。
 これを機会の自分の生活設計の将来図(私たちFPは、これをライフプランといいます)を作成してみましょう。

 今年変化する生活環境を踏まえて、自分たちの夢や希望を折り込んだ、将来図を描き、それに必要な費用を見込み、収入の将来見込を考え、年間収支の推移を考えて見ましょう。
 始めは、夢が膨らみすぎ、家計収支見込は赤字になるかも知れませんが、何回かの練り直しを経て、実現性の高い設計図が出来るでしょう。

 設計図が出来たら、その実現に向けた取り組みを始めましょう。
 
/staff(fukuyama)
[PR]
# by sumai-okane | 2008-01-14 10:57 | 元気なシニアのコンサル日記
f0015148_1705282.jpg
新年あけましておめでとうございます。

2008年は波乱の幕開けとなりました。
2日のニューヨーク原油先物市場で1バレル100ドルを付け、米国株が年明け早々大幅安に。欧州・アジア・新興成長諸国の株式も軒並み安。
そんな流れを受けて大発会で日経平均は、一時700円以上も下げました。

原油高・一時1ドル=108円まで進んだ円高・ドル安。
衆参ねじれ国会による政局混迷など、複合して株価を押し下げています。

いままでのアメリカ一極集中からユーロ圏や中国などへの経済バランスの移行期に入り、地球環境や人間という視点が不可欠になってきています。

私はこれから「資本主義経済は少しずつマネーゲーム的色彩から、一人一人の人間にいかにすれば、より多くの価値を提供できるかのシステムづくりを問われる時代になっていく。」と思います。そして、家計こそが資本主義経済で恩恵を受けるべき最終目標であると思っています。

今年は「実務型独立FP」となって5年目となります。

100家族を超える家計を実際にプランニングさせていただき、実行援助まで行ってきました。

家計は、グローバルな経済の大変化の中、個人的な人生の問題も抱えながら
何十年もの長期間に渡って維持されていかなければなりません。

「この仕事を通じて資本主義経済と個人の幸せの橋渡し役になる。」

独立時よりそんな思いで仕事をしてきました。
今年も思いっきり頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。

/staff(ito)
[PR]
# by sumai-okane | 2008-01-05 16:50 | 京都の実務派FPが駆ける!
f0015148_22312815.jpgしばらく更新ご無沙汰しておりました。

11月後半から体調を崩しておりまして、お客様や関係者様に大変なご迷惑をお掛けしました。
すみませんでした。皆様、スケジュール調整等ありがとうございました。

本当に「身体が資本」で「健康が第一」ですね。

「いくら幸せでゆとりがある生活設計(ライフプラン)を描けていたとしても、健康でなければ実行できません。さらに夢や希望を実現することもできませんね。」
といつもお客様へお伝えしているのにお恥ずかしい限りです。

夢の実現といえば、まずこの仕事を始めることは1つの夢でした。
現在は1つ実現できたわけですが、まだまだいっぱいやりたいこと、やらなければいけないこと沢山ありますから、身体をいたわりながら進んでいきたいと思います。

さて今年を振り返ると大きな変化があった年でした。
その中で一番の出来事は、「事務所の移転」だったと思います。

創業以来3年間は他の会社での間借りの状態でしたが、8月に専用事務所をようやく立ち上げることができました。

周囲のご協力や多くのお客様のご理解やご支援のお陰で、本当に感謝しております。

そして専用になったことで、また夢への第一歩を踏み出すことができそうです。

「子育て家庭に優しいFP事務所」です。

かわいいお子様の成長を一緒に見守りながら、家計の問題解決に取り組んでいきたい
・・・・実現したい夢のイメージなのです。

来客で一番多いのがやはりマイホーム取得世代(20代後半~40台前半)です。
6~7割方はお子様がいらっしゃいますので、ご相談へ来られる前にお子様を
預けて来るのも大変です。

さらに、私のほうもずっと間借りの状態だったので、周りのこともあり、子供を連れて
事務所へ来られるのを躊躇されるケースがありました。

以上の2つの点で残念な想いをしておりました。

このたび、ようやく狭いながらも「キッズスペース」を確保できたのです。
1~2時間遊んでいただけるように、おもちゃ・本・図工セット・DVDを準備しています。
f0015148_15101251.jpg
☆お子様と一緒にお越しいただけます!☆ (良かったです)  

将来はもっと広い所に移って、キッズルームを併設していきたいと思っています。
保育士さんにも来ていただいて、お子様には思う存分いっぱい遊んでいただきながら、
親はしっかりご相談に集中していただけるような空間にしていきたいと思っています。

今の延長にも1つの夢があります。
まだまだいっぱいありますが、贅沢を言わずに1つ1つを実現していきたいです。

だから、身体が資本ですね。大事にして...頑張ってまいります。

/staff(yamashita)
[PR]
# by sumai-okane | 2007-12-11 22:39 | 生活設計ナビの独り言
 
f0015148_19565725.jpg最近都市部を中心に、土地価格が上昇しています。
更に原油価格や鉄鉱石などの資源価格の上昇が、住宅価格アップにつながるのではとの不安は、これから持家しようとする人たちにとっては、重大な問題です。

過去にも土地バルブや石油危機による大幅な物価上昇もありました。これらの経験を踏まえて、独断と誤解を承知で、自分なりの見通しを書いてみました。

 原油価格が上がれば、プラスチックなどの原材料や石油を燃料として使用する鉄鋼やセメントなどの原材料価格もアップします。またこの原材料を加工して作られる建設資材価格はアップします。

 しかしながら、建築コストでは、これら建築資材価格の割合以上に、建築に要する労賃の占める比率の方が高くなっています。そのために、原油価格の上昇が建築資材のアップに留まっている間は、住宅の建設費が大幅に上がることはないでしょう。

 また、石油危機による大幅な物価上昇時にも、資材価格の上昇があっても、住宅メーカーを中心に木材のプレカットや工場生産比率の向上により、住宅価格は上がりませんでした。

 住宅価格の建築工事費は、1995年を100とするとマンションで89、個人住宅で85程度になっています。

 原油価格の上昇が、建築資材の需給関係をタイトにし、一時的に住宅建設費がアップすることはあっても、建築資材の生産工程の効率化や建設工事そのものの合理化がやがて、それをカバーする可能性が高いと思います。

/staff(fukuyama)
[PR]
# by sumai-okane | 2007-12-04 23:49 | 元気なシニアのコンサル日記