関西圏(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)で活躍中の独立系FPが、顧客のために日々奮闘しながら、感じたことを綴ってまいります。姉妹サイトは http://www.sumai-okane.net/ です。


by sumai-okane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

f0015148_23373737.jpg
>夏のボーナス、過去最大の14%減
>東証1部上場企業、民間調査
>
>民間調査機関の労務行政研究所(東京・港)は27日、
>東証一部に上場する主要140社の夏のボーナスは
>64万8149円(平均38.3歳)で、
>昨夏より14.4%減ったと発表した。
>減少は7年ぶりで、下げ幅は1970年の調査開始以来最大。
>特に製造業では約2割も減少した。
>(日本経済新聞、2009年4月28日)

景気が悪いとは言え、住宅購入相談が意外にも減っていません。

住宅価格がどんどん下がっている状況(=買い手市場)では、
逆にチャンスと見て、自分たちが無理なく買うことができる価格帯を見極めてから、
物件探しに進まれる方が増えてきたように思います。

つまり、

昨年までは、物件を決めてから「明日契約するべきかどうか。ローン選びはどうしよう。」と直前に資金面で不安に駆られて来られるご相談が、

今年は、「いったい、どのくらいの価格帯で取り組めるのか」というご相談に置き換わっているような気がします。


目の前の物件価格に無理やり合わせてしまう資金計画でなく、

じっくり腰を据えて可能な資金計画を立ててから...探す。



そうですよね。
買う側はようやく目が覚めて賢くなってきたと思います。

ただし、皆さん口を揃えておっしゃることは


「今年の夏も冬もボーナスは期待できない!」


ことです。

ボーナスはあくまでも業績連動給。
長い間支払う住宅資金で依存しすぎるのは危険です。

2月の住宅ローンの殿堂コラム「年収の中身を確認しましょう!」
でも触れたように購買力を判断する上では、月給部分で捻出できる
ことが大事だと思います。

・ボーナスが1/2の減でもやっていけるかどうか?
・同じペースの減少が1~2年続いたらどうなのか?
・どれぐらいまで補填できるのか?
・住宅以外に必要な資金積立は確保できるのか?

今回のニュースで現実味が沸いてきたように、
自分にとってのリスクをしっかり考えておくべきだと思います。



/staff(yamashita)
所属会社:アズ・ユア・プランナー関西FPパートナーズ
[PR]
by sumai-okane | 2009-04-28 23:59 | 生活設計ナビの独り言

住宅購入相談が増加!!

f0015148_21364218.jpg
2・3月ごろから住宅購入のご相談が増えています。
1~2年前から家を探してられた方が、今回の不況で不動産価格が下がり、購入に踏み切られています。

住宅ローンの金利も3月は本当に底に近い水準でした。
ただ、3月から4月にかけて長期金利もじりじり上昇しています。
都銀も住宅ローンの金利を4月は少し上げてきました。

変にあせる必要はないと思いますが、収入が今回の不況にあまり影響を受けない方でいずれ住宅が必要な方は、今年は買い時かもしれません。

私のところに御相談にこられる方は、
「自分の家計にとって丁度いい住宅の価格がいくらか?」
という根拠を持って知りたい方が一番多いです。

また、自分のライフプランの中で家を買うタイミングが知りたい方。
自分の家計にとってベストな住宅ローンの金利タイプを知りたい方。
などです。

住宅購入は家計にとって失敗できない一番大きな買い物です。
世間の買い時と自分の買い時を考えながら判断していきたいと思います。

具体的な物件をあたる前にまずは自分の予算に対する明確な根拠をもつ事が大事だと思います。

そうでないと販売業者のペースに負けてしまいますから。

これからも住宅購入される方の側に100%たってアドバイスできる喜びを日々感じながら頑張っていきたいと思います。

/staff(ito)
所属会社:FPフォートレス/関西FPパートナーズ
[PR]
by sumai-okane | 2009-04-04 21:36 | 京都の実務派FPが駆ける!