関西圏(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)で活躍中の独立系FPが、顧客のために日々奮闘しながら、感じたことを綴ってまいります。姉妹サイトは http://www.sumai-okane.net/ です。


by sumai-okane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

四川省の大地震から1週間が過ぎました。f0015148_0373122.jpg
1日毎に想像を超える大変な自然災害になっているようです。

最近..地球の自然について
「なんかおかしい?」と感じるのは私だけでしょうか?

恐怖心をあおるわけでなく、正直な感覚です。

日本では13年前の阪神淡路、3年前の新潟中越などの震災を経験したわけ
ですが、そこでの教訓は次に生かさないといけないのです。

地震というもの、
  次に何時やって来るかは分かりません。
  発生間隔は無しです。
  何処にどれぐらい規模でやって来るのかも分かりません。


ご自身の資産を投じて購入したマイホームが、
いつも自然災害のリスクにさらされているのはご存知ですね。
もっと関心を持って取り組んで備えておきたいものです。

地震の前には人は無力です。そこを助けてあげるものが必要なのです。

それでも..地震保険への加入が思ったほど伸びていません。

例えば、マンションの管理組合では、共用部分について火災保険・地震保険に加入
するのが普通だと思います。、

ところが、地震保険が掛けられていないケースが最近何件か見かけました。
しかも、阪神淡路の震災後に立てられた阪神間のマンションです。

管理組合では色々な事情があるようですが、
「もうしばらく来ないから」「起きたら仕方ない」「大震災ぐらいは耐えられる」
という言い訳だけですと、あまりにもお粗末です。

(四川省地震は阪神淡路大震災の32倍のエネルギーですが・・)

人生の経済設計を考える上で、万が一の事はやがて起きると考えましょう。

その場合は元の生活レベルになるべく早く回復できるような体力をつけておく
必要があります。充分な体力がない場合はやはり「保険」というものが心強い見方
になるのです。

今の順調で幸せな生活が根底から覆ることがないように「わが家のリスク対策」
もう一度点検してみてください。

所属会社:アズ・ユア・プランナー関西FPパートナーズ
[PR]
by sumai-okane | 2008-05-19 23:59 | 生活設計ナビの独り言
f0015148_19272038.jpg
第一回では、マイホーム購入の進め方で、まず最初に手がけることは、情報収集としました。

 子供様も生まれて、家族構成が決まってくる30台半ばから40歳ぐらいになると、 自己資金も幾らかは貯まった頃で、一番上のお子様が幼稚園に入ると、子供たちの将来の教育のことが気になりだしますので、ぼちぼちマイホームを考えたくなります。

 この時気をつけることは、あくまで情報収集に徹することです。販売員は、またとない良い物件だとして購入を勧めるかと思いますが、衝動買いは厳につつしみましょう。
 衝動買いは、後悔や破滅へとつながります。

 情報収集が出来ましたら、マイホーム購入計画の基本計画を考えて見ましょう。
マンションにするのか、一戸建てにするのか。購入する地域は、通勤や生活環境、子供様教育環境のことなどを考えて何処辺りにするのかを考えましょう。必要とする部屋数、広さなども考えて、基本計画を書いてみましょう。
事前の情報収集で、土地や建物の相場についても、調べてありますので、総額についても、この程度と設定出来るでしょう。

基本計画が出来ましたら、資金計画や返済計画の面から検討しましょう。

まず、資金計画です。基本計画で設定した総額をどのように調達するかです。自己資金をどの程度頭金などの住宅資金に当て、不足する金額、幾ら位を住宅ローンで手当てするのかを考えて見ましょう。

次に、返済計画を検討しましょう。
この時、家計収支の推移表(家計のキャッシュフロー表といいます)を作成が不可欠です。
家計収支の推移表は、家族のこれからの生活設計・子供様の教育計画を考え、それに必要な費用と、その裏づけとなる収入の見込を、年毎の家計収支の推移としてまとめたものです。

将来の生活設計を描いても、住宅ローンの返済などに支障がなく、資金残高も赤字とならず、定年時までに老後の備えも出来るならば、返済計画はOKです。

もし、住宅ローンの返済などに支障が出たり、資金残高が赤字となったり、定年後も住宅ローンが残るようでは、その計画は無理だということです。
その場合は、もう一度住宅取得の基本計画に戻って、基本計画を見直すことか必要です。

次回は、家計収支の推移表(家計のキャッシュフロー表)の作成の仕方をもう少し詳しく解説します。
/staff(fukuyama)
所属会社:アクティバ企画/関西FPパートナーズ
[PR]
by sumai-okane | 2008-05-12 17:07 | 元気なシニアのコンサル日記