関西圏(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)で活躍中の独立系FPが、顧客のために日々奮闘しながら、感じたことを綴ってまいります。姉妹サイトは http://www.sumai-okane.net/ です。


by sumai-okane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ネット銀行の住宅ローン


f0015148_2215664.jpg2月28日の日経に「ネット銀、競争拍車」という記事が載ってました。

インターネット人口の普及により、ネット専用銀行の知名度はかなり定着を
してきた気がします。

なんといっても!預金の金利が店舗型の銀行より相対的に高いのが目を引く
と思います。しかし、以外とFの相談現場では住宅ローンの利用は少ないと
感じています。話題には上るのですが。

住宅ローンの金利は相対的に低いと思います。

どうしても何千万円ものお金を借りるお話。
ネットでの手続きに二の足を踏まれる方が多いと思いますね。

さて、ネット銀行の住宅ローンについて、
特長を簡単にご紹介しておきましょう。

取り扱っているところはソニー銀行・住信SBI銀行です。

まず、ソニー銀行のほうですが、保証料・繰上げ返済が無料です。

金利の選択では「部分固定金利特約」というものがあります。
変動金利での契約ですが、10%以上5%きざみで最大3つまで部分は固定金利
で借りられるというものです。
(金利設定に柔軟性があり上昇リスクを分散させるために興味深いのですが、
 お客様にとっては複雑に映り、どう活用したらよいか迷われるかもしれません)
 
一方、住信SBI銀行のほうは、保証料が無料、繰上げ返済が無料(固定特約期間中の一括返済は除く)というところが上げられます。
金利水準も業界トップクラスの低さですね。

両行とも住宅ローンのコストの優位性は光っています。

住宅ローンを選ぶ側には大変嬉しいとは思いますが、メリットを分かっていながらも、
いざという時にはどうしても対面で薦められたほうになびいてしまうのが現状でしょう。

そこで、ソニー銀行はグループ会社のソニー生命の営業ルートを活用して顧客開拓、
販売促進を図っています。このあたり成果はどうなんでしょうね。

ネット銀行の住宅ローン戦略、
あの手この手の工夫されてきているなあとは思います。

/staff(yamashita)
所属会社:アズ・ユア・プランナー関西FPパートナーズ
[PR]
by sumai-okane | 2008-04-19 22:16 | 生活設計ナビの独り言
f0015148_1554212.jpg
 このブログの中で、マイホーム購入に関するコメントを色々書いてきましたが、どういう手順で進めていくと、後で後悔したり、住宅ローンの支払いに支障が出たりしない良いマイホーム購入が出来るのか、解説する必要があるかなと思いました。

 これまで多くの方の相談に乗ってきた知見をもとに、数回のシリーズといたします。

 マイホームの購入時期としては、子供様も生まれて、家族構成が決まってくる30台半ばから40歳ぐらいまでが、ベストでしょう。 
 自己資金も幾らかは貯まった頃で、一番上のお子様が幼稚園に入ると、子供たちの将来の教育のことが気になりだしますので、ぼちぼちマイホームを考えたくなる時期です。

 マイホームを購入したいと思うようになったら、まず情報収集です。マンション販売のモデルルームを見たり、戸建ての場合は、建売住宅の販売現場や住宅展示場を訪れしたりして、情報収集しましよう。
 この時気をつけることは、あくまで情報収集に徹することです。販売員は、またとない良い物件だとして購入を勧めるかと思いますが、衝動買いは厳につつしみましょう。
 衝動買いは、後悔や破滅へとつながります。

 この段階で集める情報は、マイホーム購入計画の基本計画を立案するための情報ですから、マンションの場合、どのような立地・広さによって、どの程度の価格になるか、自分たちの将来を考えるとどのようなマンション(広さや立地)が必要かなどの情報を集めましょう。
 一戸建て住宅の場合は、マンションの場合の他に、土地に関する情報も必要ですから、どのような場所で坪当り幾らぐらいするのか、どの程度の土地の面積があれば、どの程度の家が建てられるかの情報も集めましょう。

 また、この段階で、モデルルームや建売住宅、住宅展示場を見に行くだけでなく、家作りに関するセミナーに参加し、住宅取得・建設に関する勉強をすることも良いでしょう。
 地方自治体の外郭団体や住宅展示場(ハウスメーカーではなく展示場主催)やNPOなどで開催していますので、インターネットなどで探してください。

 最後に、もう一度付け加えます。この段階では、情報収集に徹し、衝動買いはしないこと。

/staff(fukuyama)
所属会社:アクティバ企画/関西FPパートナーズ
[PR]
by sumai-okane | 2008-04-15 11:12 | 元気なシニアのコンサル日記