関西圏(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)で活躍中の独立系FPが、顧客のために日々奮闘しながら、感じたことを綴ってまいります。姉妹サイトは http://www.sumai-okane.net/ です。


by sumai-okane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0015148_22374022.jpg
自宅のプリンタ(複合機)が突然動かなくなりました。
同じ原因で、これでもう3度目になります。

それってかなりの大問題なのでは?と思われるかもしれませんが、
正確には「故障」とは言えないもののようです。

いきなりです、
「メンテナンス部品エラーになりました。サービスセンターへご相談ください。」
操作パネルにこのような表示がありました。当然、訳がわかりませんよね。

サービスセンターへ電話すると
「それはインクの廃液タンクが一杯になっていまして、交換が必要です。」
交換するには送料込みで約7,800円が必要になります。」との回答。

とても困っているのでやむ終えず修理を頼みましたが、買った後でこんな費用が掛かって
くるとは思っても見ませんでした。

振り返ると1回目が丁度”保証期間を過ぎた”ころ。なんか釈然としません!?

インクカートリッジの費用については、当然インクが無くなると交換が必要と思って見積って
いましたが、使っていると廃液タンクの交換が必要になるとは....ましてや、
サービスセンターへ送らないと対応できないとは(その間は使えないのです!)・・・・
   →これって想定されることですよね。
売る側は消費者へちゃんと知らせておくべきことだと思いませんか?

メーカーへさんざん文句を言いましたが、「それは仕様なので...」と平謝りだけ。

インクカートリッジ代抜きで計算すると、
30,000円で買った複合機は実は30,000円の買い物で済んだわけでなく、
3年経った今は(7,800円×3回=)23,400円のメンテナンス費用が加算されて、
53,400円の買い物になっているのです


今後使い続けるとますます膨らんでいきそうです。

「これ、本当に知りませんでした。トホホ。」という情けないことなのですが、パンプレット
には一言も書いていません。
この会社の複合機を使ったことがある人なら、そこに気が付いて後の費用を見積もれた
かもしれません。

次のプリンタを買う時に、そこに充分気を付けて(確認して)選びたいと思います。

  ◇  ◇  ◇

上と同じことが、マイホームを買う場合にも言えると思います。

土地・建物・諸費用・引越・家電・家具...
これでもう済んだと思われる方がいらっしゃいます。

でも、10年、20年、30年と住みつづけるものです。
当然ながら老朽化が進み、また何らかの原因で修理しないといけない場合が出てきます。

想定される範囲でどのようなメンテナンス費用がかかるのか?
販売会社にはきっちり確認しておきましょう。
(実績値や統計値なども見せてもらうのもいいでしょう)

「ほとんど掛からなくて、気にならない程度ですよ。」とぼやかされたり、
「いい材料を使っていますから、後のコストはかなり安く付くはずです。」と言われても、
そのまま鵜呑みにしないようにしましょう。

実際には個別要因、免責となる事項があるはずで、結局は自分たちである程度の費用
を出して修理することがあり得ます。

メンテナンスコストはゼロでありません。必ず入れておいてください。
それを見込んだマイホーム資金計画こそ、現実的でまっとうなものです。

ライフプランをお作りする際にもこの費用を...必ず入れています。

/staff(yamashita)
[PR]
by sumai-okane | 2007-08-19 22:36 | 生活設計ナビの独り言
f0015148_8295830.jpg最近、住宅ローンの見直し相談も増えています。
4~5年前に住宅を購入。
その時とりあえず返済額の少ない変動金利で住宅ローンを組んだが、
最近返済額が増えて、今後も金利は除々に上りそうで不安がある。

このままでいいのか?どうしたらいいのか?

今のローンで長期の金利固定期間を選択したいがかなり高い。
他行へ借り替えたら登記手数料など諸費用がかかる。

こんなご相談のときもやはり判断の決め手は、ライフプランからの分析です。

相談者の家計がどの程度、金利上昇リスクに備えるべきか。
キャッシュフロー表から、何年後に住宅ローンにメドがつくのかを推測し
何年固定にするか決めていきます。
その時、今の金利水準、今後の予想、過去の住宅ローン金利の推移などを
もとに判断します。

つまり自分の家計と外部環境(現在の金利水準)で何年固定を選択するか決めます。

ここまで決まれば、あとは金融機関との交渉です。
金融機関によっては、交渉に応じてくれます。諸費用などを含めた総返済額を
比較します。
銀行も競争が激しいので、借りる側の努力しだいで大きく変わります。

私達、独立系FPは金融機関に属していません。借りる側の味方です。

どんどん利用してください。
/staff(ito)
[PR]
by sumai-okane | 2007-08-14 08:31 | 京都の実務派FPが駆ける!

8月から再スタート!

慌しい7月がようやく終わりました。f0015148_22383955.jpg
疲れはピークに達していますが、今ホッとしているところです。

お客様からのご相談やライフプランを作成する仕事以外に、
この1ヶ月間はやらないといけない大作業がいくつかありました。

まずは法人化しているので事業について決算処理。そして税務申告の手続き。

1期・2期目に比べると、売上げの経路が増えて、それぞれの金額も伸びて
きてました。振り返って数字を辿ってみると、FPサービスを利用されるお客様
が増えてきたこと(浸透してきたこと)、比例してご相談案件が多様になって
きたのを実感しています。件数でも年間100件近くになってきました。

だから、専用の事務所を探す必要が出てきました。

今までの面談スタイルは、コンサルティング会社のスペースを間借りすると
いう形でさせていただいてました。最近の需要を見てみるとで、そのスタイル
では限界を感じていたのです。FPサービスをより幅広く、そして充実させてい
くためには専用スペースでないといけないと思います。

また、梅田という場所を離れないように...と思い色々と探してみたのですが、
これがなかなか!条件に合うところがなかったのです。上限の条件でも駅から
かなり離れたところしか空いていません。旺盛なオフィス需要を実感しました。

お客様にお越しいただく所なので、遠いところは絶対ダメ。
ということで、梅田は断念となりました!!(前向きに)

市内の色々な場所に出向いて検討した結果、ようやく梅田から1駅離れた南森町
(JRでは大阪天満宮)という場所に希望した条件の事務所が見つかりました。

築年数はやや古くでこじんまりとしていますが、アクセスの良さが決め手でした。
(駅の真上で雨に濡れない!商店街の中で、温かみがあって賑やかなところ)

目下、お盆明けのオープンを目指して準備中です。

揃えないといけないものが色々とあって、それなりに手間やコストが掛かりますが、
間借りとは違って、小さくても自分の城(事務所)というのはやはりいいものです。

曜日や時間帯、使用に関する制限を受けないので、
もっとゆったりとコンサルティングができるようになります。

これまで以上に、お客様の問題をしっかりと解決できる、快適な空間を創って
まいりたいと思いますので、今後とも宜しくお願いいたします。

/staff(yamashita)
[PR]
by sumai-okane | 2007-08-01 22:40