関西圏(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)で活躍中の独立系FPが、顧客のために日々奮闘しながら、感じたことを綴ってまいります。姉妹サイトは http://www.sumai-okane.net/ です。


by sumai-okane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

健康寿命について考える

2002年10月に世界保健機構(WHO)が発表した世界保健報告では、「健康寿命」は、日本が世界第一位という報告がされています。f0015148_212439100.jpg

健康寿命というのは、健康にすごせる人生の長さを表し、平均寿命から日常生活を大きく損ねる病気や怪我の期間を差し引いて算出します。

日本人の健康寿命は、男性71.4歳、女性75.8歳となっており、これを平均寿命と比較しますと男性で6.7歳、女性で9.1歳の差があります。

日本のような長寿先進国では、単に長生きしても意味がなく、元気で健康に長生き出来る期間を延ばすことこそが意味があるという考え方が一般的になってきています。

食生活や適度な運動で、生活習慣病にならないように気をつけ、地域コミュニケーションに参加し、生きがいを持って生活することが、健康寿命を延ばすことにつながるでしょう。

自分の経験から、90歳前後まで、健康で長生きされた方は、亡くなられるときでも、「前の日まで元気だったのに、」とか「入院期間も1ヶ月足らずだった」など闘病期間も短く亡くなられる方が多いように思います。
闘病期間が短いのは、家族の負担も、医療費・介護保険などの社会的負担も少なくてすみますので、全てがハッピーです。

人の運命や健康を予測することは、出来ません。健康で長生き出来るよう、食生活に気をつけ、適当な運動を続けようにしたいと思っています。



~姉妹サイト「退職とお金の相談ネット」~
[PR]
by sumai-okane | 2006-05-30 11:36 | 元気なシニアのコンサル日記
10:30
Aさん夫妻との面談。3ヶ月ぶりにお会いする。1期目の資産運用の状況確認を行い、2期目もf0015148_054459.jpg更新いただけることになった。ほっとひと安心する。昨年から収支が変わったということで、ライフプランの見直しに着手する。たかが1年・されど1年。短いようで色々と変っていることがある。
「軌道修正して精度を高めていきましょう」とアドバイスすると笑顔に変わった。最初から100%のものはありえない。でも100%に近づける努力は常に必要である。~継続こそ力なり~。その先にはマイホームの夢も語っていただいた。是非その実現でもお力になりたいと誓う。

13:00
関西FPパートナーズのメンバーとミーティング。前からチャレンジしてみたかった案件について話し合う。
もう1つは将来像。郵便局や銀行の売り手側のワンストップサービスが着々と進んでいるのに対して、我々も消費者側に立ったワンストップを目指していきたい。でも知名度・信用度etc. 圧倒的に強いのは売り手側。でも必要とされているのは....。 ぶれることのないポリシーを確認し合った。

16:00
Bさんとの面談。街中で自主セミナーを始めて、最初に顧問客になっていただいた方である。もう2年のお付き合い。お子様を1人で育てながらも、好きなことをいつか仕事にしたいと日々努力されている。逆にいつも私に勇気を与えてくれている。その後はお花の作品展(二晩徹夜して作り上げたそうです。すごい!)にお招きいただいた。
f0015148_05562.jpg

普段、数字や情報の洪水と格闘している疲れを癒してくれる。
最後にお互いに「ありがとう。」と感謝の気持ちを言える瞬間もあり...
まさに宝物のような時間だった。
[PR]
by sumai-okane | 2006-05-28 00:11 | 生活設計ナビの独り言

朝10時に顧問客のAさんが来所。
初めてお会いしてから2年半。f0015148_225522.jpg
今日は、ライフプランの見直しと投資信託の追加購入についてのご相談投資について一緒に少しずつ勉強してきたお客様である。

午後2時に顧問客のBさん宅へ。
住宅資金計画のご相談で出会って1年半。
半年前に土地が見つかり、今月、念願の自宅が完成!
今日は火災保険の選定についてのご相談。
初めて新居にお伺いして、ご家族の喜びにライフプランの
実現を少しでもサポートできた喜びを感じる。

実務家FPの最大の宝物は、顧問客様お一人お一人である。
[PR]
by sumai-okane | 2006-05-20 22:05 | 京都の実務派FPが駆ける!
life cycle
1 動物の個体が発生してから死ぬまでの過程の称
2 その物が売れ始めてから商品としての寿命が尽きるまでの期間
3 結婚に始まり、家庭の発展・自己の死亡に至る長期展望
引用物件 Shin Meikai Kokugo Dictionary,5th edition(C) Sanseido Co.,Ltd
1972,1974,1981,1989,1997 より

ゴールデンウィーク(以下GW)も終わり一週間がたちましたが、GW前に某自動車ディーラーf0015148_2251515.jpgからダイレクトメールや電話での、訪問を促すセールスがあった。我が家の車もおかげさまで、一度の大きな故障も事故も無く10年が経ちましたが、私自身まだまだ今の車に乗っていようと思っております。冒頭 life cycleの意味合いを書き記しましたが、自動車の寿命、また買い替えサイクルが延びているのではと思う。

 人の命を乗せている物だからこそ品質管理が大変重要だし、技術の発展で必然的に延びてきたのが理由と思う。車を買い換える理由として、故障が多発すると言うような問題で買い換える人は、少なくなってきたのではないだろうか。それよりも「型が古くなった」とか「家族の増減で今の車が合わなくなった」等で買い換える人がほとんどだと思う。一昔前は10年を越えると車検が1年毎に受けなくてはならなかったので、1年車検を機会に買い替えようと思われた方が少なからず居られたのではないでしょうか。今現在、自家用車にかぎって言えば10年経過後も2年車検が続くので自分の思いに合った余裕のサイクルで自動車の買い替えプランを考えられるようになったのではないかと思う。
 
 ただし排ガス規制の地域内でのディーゼル車は、ある一定期間後、車の状態の良し悪しに関係なく地域内での登録は出なくなっている。環境問題のためではあるが、登録規制地域内でディーゼル車を所有されているは、ライフプランを考えるとき資金対策をとる必要があるでしょう。

 
[PR]
by sumai-okane | 2006-05-14 16:36 | ○ 日々雑感 ●
銀行法の一部改正により、4月から「銀行代理店」業務が本格的にスタートしました。f0015148_23182020.jpg

銀行代理店自体はまだ私たちに馴染みのあるものにはなっていませんが、5年後・10年後にはあちこちの業態が代理店になって当たり前のものになっているかもしれません。

各企業とも参入するかどうかは、少し様子見の状態が続いていますが、カード会社やスーパー・コンビ二などの流通業がすでに参入を表明しているようです。

銀行代理店は、今は顧客と銀行を取り次ぐだけの業務で、預金口座開設やローンの申し込みなどを受付けます。その際の審査は銀行自体が行うというものです。また、資産運用などの相談業務も行うことになりそうです。

消費者にとって、金融商品の申し込みする際の間口が広くなり、利便性が高まるのは間違いないと思います。

ただ、抱き合わせ販売や商品内容の説明の欠如など、窓口の信頼感を損なう(⇒消費者の不利益)行為への監視を行政はしっかりやっていただきたいものです。


P.S. 今週は資産運用のご相談が2件。いずれも仕組みをもった金融商品の件でした。プラスのリターンを前提に説明を受けていたり、解約時の制限をほとんど知らなかったり、金融機関の窓口でどのような説明をされているのか、本当に???とため息をついてしまいます。
消費者側も「あそこだから安心」と企業ブランドだけで判断せず、内容をじっくり検討しましょう。
[PR]
by sumai-okane | 2006-05-13 23:14 | 生活設計ナビの独り言

大学のFP講座

今年の4月から、長男が大学に通い始めました。f0015148_1554983.jpg
アルバイトをして、自分の小遣いを稼いだり、
少しずつ、自立していく気配を感じています。

その大学の総合講座の案内にファイナンシャル・プランナー講座が
ありました。その冊子に次のように、紹介されていました。

ファイナンシャル・プランナー(FP)ってどんな仕事?

「FPは、資産運用のアドバイスをおこなう専門家です。
顧客の生活におけるさまざまな目標を達成するために、生活設計に適した効率的な
資産の運用プランをアドバイスします。
近年、次々に複雑な金融商品が生み出され、個人レベルでそれらを適切に活用することが非常に難しくなっています。また、高齢化の進展により、資産運用への関心がますます高まっています。こうした事から、ファイナンシャル・プランナーは大きな注目を集めています。」

今後、FPの社会的使命は、ますます大きくなると思われます。
近い将来、若い学生たちの中から、優秀な実務家FPが、育ってくるのでしょう。

[PR]
by sumai-okane | 2006-05-05 23:53 | 京都の実務派FPが駆ける!
 前回は、シニアの保険見直しのポイントは、保険の重点を死亡保障から、医療保障にシフトすることだと申し上げました。f0015148_1552753.jpg

 今回は医療保障へのシフト方法について、具体的に説明いたします。

 最初の方法は、現在の保険のリフォームです。現在の保険をチェックし、死亡保障額を必要な範囲に削減します。定期保険特約を解約したり、基本契約の保険金額を減額しましょう。一方、医療保障特約をチェックし、保障内容が不十分な場合は、拡充しましょう。その時医療保障が終身になっているか、将来特約保険料が大幅にアップしないかを確認します。

 二番目の方法は、現在の保険を解約するか、最小限のものにし、新たに医療保険に入ることです。この場合も医療保障が終身になっているか、将来特約保険料が大幅にアップしないかを確認します。

 三番目の方法は、現在の保険の解約返戻金を活用することです。現在の解約返戻金の金額を確認し、ある程度の金額になっていたら、そのお金は病気になった時に医療費、入院費用等に使用するために確保しておくと決めて、保険は解約することです。

 各人の事情や考え方は異なりますので、まず自分で考えてみてください。保険の仕組みや内容がよく分からず、自分で判断できない時は、ファイナンシャル・プランナーに相談するのも方法です。
[PR]
by sumai-okane | 2006-05-03 09:51 | 元気なシニアのコンサル日記