関西圏(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)で活躍中の独立系FPが、顧客のために日々奮闘しながら、感じたことを綴ってまいります。姉妹サイトは http://www.sumai-okane.net/ です。


by sumai-okane
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:FPの視点~話題から( 4 )

判断を半年ぶり上方修正 2月の月例経済報告

 与謝野馨経済財政担当相は22日、景気の基調判断を「回復している」とした2月の月例経済報告を関係閣僚会議に提出した。生産や輸出を中心に改善の動きが見られるため、「緩やかに回復している」とした前月の判断を上方修正した。上方修正は「景気の踊り場」脱却を宣言した昨年8月以来、6カ月ぶり。 (共同通信) - 2月22日f0015148_2341281.jpg

→ 原油高と量的緩和解除による金利先高により、緩やかに物の値段が上がるだろう。それは、私たちが物を買える力(=購買力)が低下する懸念をはらんでいる。

 by生活設計のナビゲーター
[PR]
by sumai-okane | 2006-03-02 00:00 | FPの視点~話題から
国民年金、累計徴収不能額10兆円
 2年以上前の分が時効~約5年分の保険料に相当(日本経済新聞2005年9月23日)

→ 足りない分のしわ寄せが、サラリーマンの保険料に将来跳ね返る...見込みなのです。約半年前の記事も新鮮です。
 by生活設計のナビゲーター
[PR]
by sumai-okane | 2006-03-01 00:00 | FPの視点~話題から

やっぱり不安「自分の健康」「老後」   (2005年9月25日、日本経済新聞朝刊、見出し)

これも思い出したこと。f0015148_0292383.jpg

右肩上がりの社会が終わり、少子高齢化社会の到来で、年を取っていくリスクについて
先行きの心配を持ち始めている。

先行きの経済力の心配の他には、厳しい不況を経て持ち始めているのは、
「1度しかない人生の質を追求する」ようになったこと。

そのためにはまず自分の健康を維持していかないといけない。
生きがいを達成するにはお金と生きがい両方必要なのだと。

お金に関しては生活設計を早めに立てておくことである程度回避できるが、
健康については自分でも先行きわからないといったところでしょう。

「病は気から」
「生きがい」を見つければ、精神的な健康を保つことが出来、体力的・健康維持
にもプラスになっていくと思う今日この頃である。

皆さんも、健康であることの価値はお金以上のものを感じておられるのでしょう。
[PR]
by sumai-okane | 2005-12-21 12:45 | FPの視点~話題から

かって大阪でマイホームといえば千里ニュータウンだったが、
年月の経過とともに必然たる状況になっている。

65歳以上の人口が4人に1人。

大阪市内がバブル化の様相を見せているが、通勤圏としては便利で町並みも良い。
自治体が若い世代の転入を促す制度を見出せれば、割安感が出てくるかもしれない。

住宅地として再度見直される可能性はある。
[PR]
by sumai-okane | 2005-12-13 09:10 | FPの視点~話題から